各ページは、一つの質問に答える小さなサイトのようなものです。

同じ場所の違った風景

1ページ=1テーマを念頭に情報の全てをまとめましょう。

Webサイトはプレゼンテーションかデモンストレーションのようなものと考え、まずテーマを一つ決めて、そのページにはテーマ以外のことは書かないようにします。さらに、閲覧者が知りたいことをサイト内で探す時、左側のメニュータブはサイトの目次になるので、素早く適切な情報を見つけるのに非常に役立ちます。


ページを章に分けましょう。

各章にはトピック一つだけについて述べた文を集めましょう。トピックをまとめたタイトルを付けると更に早く情報を見つけることができます。

内容に基づいてページのタイトルを選びましょう。

このルールは、ページの中の各章にも有効です。


以前のステップで決めた鍵となる表現とキーワードをもう一回読んだ上で、ページと章のタイトルを作成した方がいいです。特にその内容に最も適し、閲覧者が実際に使う可能性が高いキーワードをタイトルに中に入れましょう。


ページが表しているテーマを一語が二語でまとめてタブの名前にしましょう。


実際の例

例えば、ホテル案内のサイトを製作したら、部屋に関する質問が複数あるでしょう。どんな部屋があるか?部屋は清潔か?各部屋の料金は?ペットは同行可能か?チェックアウトは何時か?これらの質問を集めて「部屋」というタブをつくりましょう。
もしくは、訪問者にもっと分かりやすくするため「部屋案内」と「利用規約」を分けて、二つのページを作成した方がいいかもしれません。よく考えた上で、一つのページか二つのページかどっちがいいかを決めてください。

 

とにかく、文章を短くて明確にしましょう。多くの閲覧者は、あなたが使っている言葉を使わないかもしれないということを忘れないようにしましょう。


コンテンツを書き始めたら、Webサイト内での画像の利用について見ていきましょう。

Webサイトを構築するには、シンプルさが鍵です。