上手にサイトを作成する方法


訪問者が実際にどのようにして読むかというよりも、自分が何を言いたいのかということのほうが、描きやすいものです。


Web上の閲覧者は例えば・・・


あなたのサイトを深く読まない人

彼らはななめ読みしながらページを飛ばして自分の興味のあることを探し、リンクから絵へ、タイトルからタイトルと飛び回ります。あなたのサイトをさっと見ただけで、コンテンツを理解したと思い込みます。

> 本のような構成の真似をしてはいけません。それよりも、タブの名前をよく考えた上で設定
 したり、特定のことをさまざまな表現で繰り返したり、タイトルを大きくしたり、章を短くした
 りして、できるだけ見やすいページを作ると良いでしょう。



情報を求めている人 

彼らはサイトの情報を参考に何かを決めたい人です。

> 従って、あなたのシェアしたものを理解したい人です。


  

満足か気晴らしを求めている人

その両方共、ということもよくあります。感情や気持ちを伝えることも重要です。

> 分野にもよりますが、ユーモアのある文章、人間らしさを見せる文章、社会問題に関心を
 表す文章などによって閲覧者に興味を持たせましょう。



現代においてサイトを作るのはとても大切です。


コンテンツをシンプルにすることはそれほど簡単ではありません。

調べてみると、最近の傾向として短い文章が推奨されているようです。シンプルな表現を使うことで、すばやく読むことと高いレベルの理解と記憶がもたらされます。

見やすい章により、閲覧者は求めている情報の道筋が分かります。そうでないと散らかった部屋で探し物するようにせっかくいい情報があっても見つけるのは困難です。



シンプルが重要・・では、正しい言葉を選ぶには?

  閲覧者の質問鍵となる表現をリスト化したら、以下の項目に注意しなければなりません。

  • 閲覧者の期待
  • 閲覧者が理解する表現
  • あなたが閲覧者に学んで欲しい言葉


サイトをGoogleのために書く、という間違いには注意してください。


Googleや検索結果よりも、閲覧者のことを考えなが文章を書いた方が良いです。例えば、閲覧者が使う表現を使用するようにお勧めします。キーワードを余計に使ってしまうと、検索エンジンも閲覧者も文章がおかしいなと感じます。同じ言葉を何回も繰り返すよりも類義語を使ったほうが良いです。

日常生活における具体的な例 :オイル交換について


例えば、街を車で走っていて、オイル交換が必要になったとしましょう。
「オイル交換」の看板に「価格」や「作業時間」が載っていたら、思わず車を止めたくなりませんか。これらのキーワードを目で追いながら、その他のものは見ずに、通りを走って行きます。その店を見つけるのに、あなたが探しているキーワードを使っていることが不可欠です。

これが閲覧者が期待する表現です。


店内で、
店員が応対に出てきます。いい店員は運転手が理解できる言葉で話します。しかし、オイルの質の選択の重要性を説明する時でもありますので、特化した新しい語彙が出てきます。「半合成」、「合成」これらの語彙は聞いたことがないかもしれませんが、オイルチェンジをする前に知っておかなければならないものです。

これが、閲覧者が学ぶ表現です。


しかし、想像してみてください

ガレージに着いて、別の店員からまず挨拶され、「粘性の冷却と潤滑油の交換」が必要かと聞かれたら、あなたはその店員がちょっと変だなと思いながら、躊躇しつつうなずくでしょう。しかし、店員が「あなたの内燃機関の圧力粘度劣化係数は?」と聞いてきたら…この時点で、この複雑な名前が実際には「オイル交換」の技術的で正確な言い方であったとしても、あなたは店を去るでしょう。

この複雑な(しかし技術的には正しい)名前を使ったことが店員の失敗です。


閲覧者の表現を知り、それを使うことが重要です。いつ、どうやって新しい言葉、新しい概念を伝えるかも重要です。



いよいよサイトの文章を書く時がやってきました。次に、1ぺージ=1トピック=1個の質問=1個の答えというサイトを分かりやすくする簡単なルールを見ていきましょう。