初期確認の重要性

この段階で、ほとんどのページのコンテンツがすでに書き終わっているはずですが、トップページ(ホームページ)はまだ書かれていない方がいいです。もし、出来上がっている場合は表示されないように編集ページ右上にある南京錠のアイコンをクリックして、ロックしましょう。


それでは、トップページ以外をWeb上に公開して、サイトを開いて、内容の確認を始めましょう。


この段階で確認すること

最初に作った質問リストを再度見直してみましょう。ご自分でサイトの中に答えになる情報が入っているかどうかという確認をする時、その質問のリストを使います。作業中に新しい質問が出てきたら、リストに書き加えてください。

早めに確認して、そして定期的に再確認を行うと少しずつサイトの質が改善していきます。


まず、自分自身でサイトを確認する

確認作業をきっちりとするためには、あなた自身が閲覧者の目で見るようにしましょう。閲覧者からの質問を実際に自問してみましょう。例えば、

  • このビジネスはどこにあるのか?
  • 販売している商品、サービスはどれだけあるのか?
  • 他の顧客がいるか、他の人は商品を購入して喜んでいるか?

これらの質問に対して、ご自身のサイトから答えを見つけなくてはいけません。実際にサイトにあるものの中から答えましょう。もし答えが見つけられない場合、もしくは答えが部分的だったり不十分だったりしたら、それを改善するか、説明するページを追加する必要があります。


サイトをあなたご自身で確認することはいいことですが、第二段階で実際のユーザーにも確認してもらう必要があります。あなたはすでに何がどこにあるか把握しているので、自分の思い込みで、不完全な情報を自動的に埋めてしまいがちです。もし、限界を感じたら、周りの人の助けを借りることが必要になってきます。


そして、実際のユーザー何人かに確認してもらう

確認には決まった方法というのはありません。サイトのコンテンツにもよりますが、どのように進めて行くか、ガイドラインを少しお知らせします。


テストであることを伝えるべきか?

  • ユーザーに、何をすべきか、どのようにすべきかを伝えない方がいいこともあります。彼らに
     監視されていると気づかれずにサイトのどこを訪問するのを観察することができるからです。
  • ユーザーに会社の住所やサービスの価格を見つけるなどの課題を与えなければならない場
     合には、テストのためだということ、このサイトを改善しようとしていることを伝えたほうがい
     いでしょう。
  • サイトを確認していることを知ると、自分がサイトを正しく見ているかどうかなど気になる人も
     いるでしょう。彼らには、サイトを見る方法に正しいも間違もないことを知らせておくことが
     重要です。確認されているのはサイトであって、ユーザーではないのですから。


    チャレンジ

  • 「中立的なオブザーバー」の視点を持つことによって、重要な情報を修正するチャンス
     より大きくなります。
  • 説明したり、示したりすることをやめましょう。マウスをつかんだり、スクリーンを指し示した
     りしたくなるかもしれません。怒りがこみ上げて来ることさえあるかもしれません。これは普
     通です。ただ、抑えましょう。
  • ユーザーにサイトを自身で使ってもらいましょう。サイトを読むか読まないか、自分で決めさ
     せるのです。リンクをクリックするかしないか。これはユーザーが決めることを忘れないでく
     ださい。
  • コメントをしてもらうようにお願いしましょう。サイトを見ながら、どこがおかしいとかどんな感
     じかなどをその場で説明してもらいましょう。
  • 意見を個人的に取らないこと。あなたはこのサイトの責任者ですから、冷静に話を聞くのは
     難しいかもしれません。もし客観的になれないようであれば、このプロセスは誰か他の人に
     任せたほうがいいでしょう。
  • テストの終わりに、改めて良い点と悪い点をユーザーに聞いてみましょう。意見を聞き、
     メモを取りましょう。自分を防御する必要はありません。説明、議論してはいけません。
     これはすべて、サイトを改善するためなのです。ユーザーの評価はあなたの助けになり
     ます。

別の人にこのプロセスを繰り返す

できるだけ広範囲のユーザーにサイトをテストしてもらいましょう。

  • 子供にサイトを見てもらって、答えを探してもらいましょう。
  • 高齢者はすばらしいユーザーです。

ただし、テストをお願いする人は誰でもいいというわけではありません。あなたのサイトに何の関係もない人の意見は、時としてあなたを惑わせてしまいますから。


このプロセスを何度か繰り返し、あなたのサイトを閲覧する人たちの典型的なパターンなどを理解し、閲覧者が聞いてくるかもしれない質問に対してすべて答えておきま しょう。この段階で新しい質問が出てくる可能性が充分に考えられますので、これらの質問に答えるためにページを追加したり、変更したりする必要があるかも しれません。


フィードバックを分析してみましょう

確認作業はとても困難かもしれません。しかし、このWebサイトはあなたのためではなく、閲覧者のためであることを忘れないでください。


この段階で、以下のことを確認しておきましょう。

  • タブの名前と順番は、適切か。

  • 各テーマに対して、クリックすべきタブがちゃんと存在しているか。

  • 太字のタイトルにより、閲覧者がページを飛ばし読みして直接適当な章にたどり着くことが
     できるか。

  • 誤ったタイトルやページが原因でたどり着けないページはないか。

  • 閲覧者が自然にページ間を移動し、このプロセスをできるだけ簡単にするリンクが文章の
     中にあるか。

確認は早めに、度々行いましょう。

確認作業で学んだことを活かしましょう。

これらのテストで学んだことから以下のことができます:

次にタイトルの調整について見ていきましょう。