文章を補うために写真を利用しましょう。

内容やブランド、場所や活動などをあなた自身の言葉で表現しましょう。そしてその描写に写真を付けます。


逆をやってしまうことがあることに気づかれた方もいらっしゃるかもしれません。先に持っている写真を載せて、その前後に文章を構成するということがよくありますがこのようなサイトの作り方をお勧めしません。写真を中心としてサイトのコンテンツを構築することはよくないと存じます。


目をひく写真が重要な情報の近くに使われていると、本当に知ってほしい内容から、閲覧者の注目を逸らすことになります。


写真に価値を置きすぎることによって閲覧者へ誤解を与える可能性があります。例えば、とても短い文章の横に庭の美しい花の写真が5枚並んでいたとします。閲覧者はその花を見てその美しさを認識し、庭を訪れたいと思います。たとえ、その文章がこれら5つの花が毒を持っているという重要な注意書きだったとしてもです。


本当に重要な表現を、写真によって損なわれないようにしましょう。

写真を載せる前に、まず文章で写真がどのようなものかを説明してみることが大切です。

内容の記述を終えてからサイトに写真を掲載することで、写真がどのような内容を補うか、前もって理解することができます。

もちろん写真が主題となることもあります。

  • ホテルの部屋を見せたい時
  • ショッピングサイト
  • 写真についてのサイト

百聞は一見にしかずと言いますが、

あなたが表現しようとしている内容を正確に伝えるには、写真の利用を控えめにする必要があります。Tool Guide(英文)には写真の利用方法についてさらに詳しく載っています。



ページに写真などを入れたら、次にページから別のページへの移動の仕方について見てみましょう。