メタタグの設定


「メタタグ」とは何でしょう?

メタデータまたはメタエレメントとも呼ばれ、公開されたサイトのページを構成するHTMLの一部です。さまざまな種類があり、それぞれ異なった役割を持っています。

メタデータが検索エンジンにどのように認知され、それに基づいて正しい書き方をもう少し学んで行きましょう。


メタタグは魔法ではありません。

検索エンジンにもっとあなたのサイトを理解させる手段を、検索エンジンの最適化と呼びます。いくつか方法がありますが、メタタグの設定はその一つです。


ページに書かれている重要な内容を抽出してメタタグに設定すると、検索エンジンはそれらを参考に彼らのエンジン内で必要な作業を行います。メタタグに設定したこととページの内容が一致していると、あなたのサイトは検索エンジン上でヒットされやすくなりますが、そうでないと検索されにくくなります。



メタタグの挿入の仕方

SimpleDifferent編集ページ右上の鍵アイコンをクリックすると、メタタグを編集する窓が現れ、4つの項目について設定できます。各項目の横に「?」がありますので、これをクリックすると簡単な説明が得られます。



メタタグの効果的な書き方


メタタグ<title>

メタタグ<title>は、ブラウザーのウィンドウ、もしくはタブの一番上に現れるものです。ページの内容を適切にできるだけ短く表現しなければなりません。通常、ページの内容を反映しているはずなので、<title>と<description>のメタタグは、よく検索エンジン内で使われ、検索結果として閲覧者に示されます。

<title>とメニュータブは、似たようなものと考えることもできます。両者とも、閲覧者がサイト内のどこにいるかという案内をします。タイトルは各ページでそれぞれ異なったなものでなくてはなりません。


メタタグ<Description>

メタタグ<Description>は、ページの説明として検索エンジン上の検索結果に表示されます。簡潔に2~3行程度の文章でまとめましょう。Googleは、自分が解析したページ内容と<Description>の内容が一致することを期待しているので、<Description>の中に重要なキーワードを入れます。そして、その言葉を一番先頭へ持ってくると、閲覧者が検索結果を見るとき、あなたのサイトに目をとめる確立が高くなります。

ちなみに、Googleや読者が疑いを持つ言葉例えば誇張表現(一番、すばらしい、最高、最高級など)の使用には、充分注意が必要です。


メタタグ<Keywords>

メタタグ<Keywords>は、それほど重要な項目ではありませんがそれでも記述されなければなりません。ページ内からキーワードを5つ選び重要な順番に並び替えます。あくまでもページ内からです、他から持ってきてはいけません。


ファイル名

これはメタタグではありませんが、同様に閲覧者も検索エンジンも参考にしている部分です。アドレスの中にファイル名はこのように表示されます。

http://write-for-the-web-jp.simdif.com/メタタグについて.html


注意:トップページのファイル名には、常にindexが入ります。ファイル名をつけたら、それを変更する際には注意しましょう。ページのファイル名を変更すると、そのアドレスも変更されそのページへのリンクがなくなってしまいます。ファイル名は注意深く選び一度つけたら修正しないようにすることがベストです。

検索エンジンに、サイト内で何が重要なのか、理解、集中させましょう

サイトがかなり形になってきました。

次に 検索エンジンの動きについて見ていきましょう